譲渡証明書の書き方は?


譲渡証の書き方はとても簡単です。・車名・型式・車台番号・原動機の型式 をまず記入します。そして、譲渡年月日と譲渡人及び譲受人の氏名又は名称及び住所を記入し譲渡人の印鑑を押す。それだけで、書類としては完成です。ここで、ひとつだけ注意が必要です。それは、印鑑を押すのは、譲渡人ですので、譲受人は必要ありません。これを間違えてしまうと、登録先の陸運事務所によっては、もう一度書き直さなければならないので、新たに譲渡人に譲渡証明書を発行してもらはなければなりませんが、これが、簡単には再発行してくれないのです。だから、この譲渡証明書だけは、ミスのないように注意しましょう。個人売買で相手が比較的良心的な方ならいいのですが、難しい人の場合は、かなり苦労する場合がありますし、相手が会社名義のクルマであったりすると、余計な手続きがあったりで、何度も足を運ばなければいけなかったりします。ですから、この書類だけは、細心の注意を払って記入して下さい。



スポンサードリンク


スポンサードリンク




自動車の名義変更登録


自動車の名義変更登録で、一般的に必要な書類は、委任状2通(譲渡人及び譲受人)、譲渡証明書、印鑑証明書2通(譲渡人及び譲受人)、自動車保管場所証明申請書、自動車保管場所使用承諾書または保管場所使用権原疎明書面(自認書)、保管場所の所在図・配置図、が必要で、自動車保管場所証明申請書、自動車保管場所使用承諾書または保管場所使用権原疎明書面(自認書)、保管場所の所在図・配置図、は管轄の警察署で車庫証明を申請するのに必要です。これらの書類が完璧に記入漏れなく揃えば、自動車の名義変更は可能です。個人売買などで自分で手続きする場合、不慣れな場合が多いので、記入ミスも多々あります。できれば、代書屋と呼ばれる行政書士などにお願いしたほうがスムーズです。費用も、名義変更登録だけなら、数千円と格安です。中古車屋やディーラーでやってもらうと数万円かかります。わからないのに気を使って移動に時間をかけて失敗したら、二度手間で余計に損するでしょう。最初から、行政書士などにお願いしましょう。そうすれば、譲渡証明書のことで失敗することもありませんから。