ジブリリミックス


ジブリリミックスがとてもおもしろいのを知っていましたか?もし、知らなかったという方がいたらこれからは是非、ジブリリミックスを楽しんでください。そもそもリミックスって何?という方がいるかもしれませんので、簡単に説明いたします。このリミックス(remix)とは、楽曲制作で、既存の完成された曲の素材を新たに編集したり、加えたりしていろいろな加工を施して、その楽曲を新たな曲に再度構築し直すことで、その楽曲の好まれる部分などの演奏時間を延長したりして原曲よさを音のパーツ取ったり付け加えることでより強調したものを言います。ですから、ジブリの楽曲もリミックスすることで曲のイメージを変えたり引き伸ばしたりして楽しむことが出来ます。そこで、あの久石譲さんが担当するジブリの音楽を、DJ DAISHI DANCEがハウス調にリミックスした企画盤「the ジブリ set/DAISHI DANCE」が発売されています。収録曲には天空の城ラピュタや千と千尋の神隠しやとなりのトトロや魔女の宅急便などからの曲がリミックスされています。


スポンサードリンク


スポンサードリンク




ジブリリミックスがとてもおもしろい!


ジブリリミックスは実は楽曲だけではなくもっともっとおもしろい現象が起こっているのです。これまで、リミックといえば、いろいろな楽曲をDJが曲調をダンスバージョンにするなど、とにかく音楽に対して行うものでした。しかし、ここ最近、パソコンの機能が充実して環境が整ってきたことでアニメの世界にもリミックスが流行りだしたのです。ネットを検索するとさまざまなアニメ版のリミックスを閲覧できます。なかでもこのジブリリミックスはおもしろい作品が多く、アニメオタクやジブリオタクでなくても楽しめます。魔女の宅急便のパロディーやラピュタのパロディー、となりのトトロのパロディー、崖の上のポニョのパロディー、ゲド戦記のパロディー、もののけ姫のパロディーなどもうたくさんの「ジブリ リミックス」があります。さらにYouTubeやニコニコ動画などでも見ることが出来ますが、たいていの場合がパロディーです。とにかくこれほどジブリ リミックスがネットにあふれるということはそれだけジブリ作品が人気な証拠です。ただ、著作権については気になりますが・・・そこはどうなのでしょうか?